推しを推す人生

同人出身オタク女子大生がうっかりSEVENTEENの沼にハマり、推しを見つけるまでに苦しんだりその他推しへの宗教観念について考える羽目になった雑記

せぶちのコンサートで人生が180°変わった話

 

そもそもSEVENTEENの沼に本格的に傾倒するきっかけとなったのは、去年の2017 SEVENTEEN 1ST WORLD TOUR 'DIAMOND EDGE'IN JAPANにうっかり参加してしまい、幸か不幸か初めてのコンサートにも関わらずアリーナ席が当たってしまった事だ。

 

当時、私はジョンハンぐらいしか判別できず、メンバーの名前すら全員言えない状態、曲も有名どころを数曲知っているだけ、ジョンハンだけ生で見れればいいや〜という甘ったれた気持ちで軽率に参加してしまった。

 

 生き地獄の始まりであった。

 

 きらきらふわふわな妖精せぶんち〜〜んたちがあっきんだであじゅないすでマンセマンセな舞台でキラキラしてるところが観れる〜〜!!

といざ蓋を開けてみたら、その予想の半分が正解で、残り半分が予想だにしないギャップのオンパレードだった。脳がオーバーヒートした。

 

 生で見るジョンハニの美しさたるやそれは相当なものであったのだけれどそれ以上に、正直全員赤ちゃんだと思っていたヒポチのゴリッッゴリの雄ボイスのラップに演出、そして完全に幼稚園児扱いしてたじゅんちゃんがまいやいの時に急に圧倒的魔王に切り替わるのを目撃してしまった時、

ジョンハンだけ見れればいいや〜精神だったはずが

もう帰る頃にはほぼ 全員推していた。

特に今まで認識できてなかったはずのじゅんちゃんのことに今まで気づけていなかった悔しさも相まってあの魔王じゅんぴの姿が色濃く脳裏に焼き付いてしまい、その後数週間はじゅんぴのことしか考えられなくなっていた。

夢にも出た。

www.youtube.com

↑公式でMVもDVDも出ているのだけれど、あえてマスターさんの動画を貼らせて欲しい。まさにリアルそのもの、これが目の前で行われたという世界線の秩序の乱れ。

 

コンサートが夏休み前にあったというのもハマる原因の一つではあるとは思うのだけれど、大学三年生の夏という時期、本来ならば就職活動のためにインターンなどに参加すべき大切な時期、暴力的に有り余る時間も相まって

推しの動画を狂ったように見て韓国語を勉強する以外に、もはや私の心は救われなくなっていた

それ以外のことをしていると全身をかきむしりたくなるような思いに駆られ、とにかくあの時の私は病的なまでにせぶちという存在に苛まれ日常生活すらままならなくなっていたことだけは覚えている。

斯くして、ここから私の人生が雪崩のように崩れていったのだけれど、それは追々記述していくことにする。

とにかくダイアモンドエッジが大変だったつー話。